Olasonic TW-S5買ってみた。

Olasonic TW-S5買ってみた。
USBの電源供給だけで10Wの出力を実現するというスピーカー。
アマゾンで7,999円


サイズ比較対象が分かりづらいと思うが、ハコからして小型。


取り出すと本体2つと黒い巾着2つそしてマニュアル。


さて、お楽しみ。
Macminiに繋いである8ポートのセルフパワーUSBハブに繋いだ。


Macからはこのように認識する。
最初から音量がMAXになるので音量下げてから再生しよう。
かなりデカイ音が出る。


後ろはパッシブラジエーターになっている。

音は正直驚いた。
凄い。こんなに鳴るのか。と。
サイズからは想像できない落ち着きある音。
USBバスパワーであることなんて嘘だと思ってしまう音量。

普段は1998年製のSONY SRS-Z500PCを使って居るが軽く抜きさる音質。

ビリージョエルを聞くと”Uptown Girl”のコーラスなど鳥肌もの。
空気感にほんのちょっとぎこちないところがあるが、
おそらくはエージングで解決すると思う。

くるりの「ワールズエンド・スーパーノヴァ」のビートもバッチリ。

n-tranceのStay’n Aliveも気持ちよく聴ける。

凄いモノが出た。

※注意点としてIntel P55チップセット(Core i5/i7の場合がある)…P55関連USBエラー説明
AtomCPUのパソコンとは相性がよろしくないそうです。購入前に自分のパソコンの確認を。

これはスピーカーの品質では無く、他の機器でも問題の出ているUSBです。

カテゴリー: ハードウエア パーマリンク 拍手する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です