Wimaxとはなんぞや。IPとかサーバーとかエリアとか。

UQ Wimax について
契約して1年半経ち、帯広と東京で使ったのでそのレビュー。

機種はNEC WM3800R
WS000002

●導入検討
引っ越しすることとなり、引越し先で光回線を引き込むのが面倒なのとすぐにネットを使えるようにしたかったので、モバイル通信を検討。

・NTT docomo Xi → 速度・エリアは申し分ないが、最大通信量の制限あり
・auデータ通信(3G) → 過去に使ったことがあるが恐ろしく遅かった、最大通信量の制限あり
・Softbankデータ通信(3G) → 最大通信量の制限あり

最大通信量の制限はhuluで映画とか海外ドラマとか観たいので無理。ってことで。

・UQ WIMAX
→どこで契約してもUQ回線であることはかわらない。
→付与されるIPアドレスはプライベート従ってポート開放などしてもサーバー公開などは出来ない。(月額96円のグローバルIPアドレスオプションに契約すれば可能)
→一応それなりに速度は出る
→エリアは狭い。ちょっと郊外に出るとアウト・建物内も基本アウト

TryWimaxを使って新居のWimaxの入りをチェック。
Huaweiのレンタル端末で電波を確認。4Mbpsぐらい出ている。HuluもこれならOKだ。
auにスイッチできる機種だったのでau側にしたらアナログ回線の方が速いんじゃないか?というぐらい。
いまのLTEは多分良いのでしょう。

出張先、東京、目黒区・大田区ではwimaxが使えないところを探すほうが難しいぐらい。
羽田空港ではフルで電波受信。恐ろしく速い。

なので、
Wimaxを自宅回線にするという選択肢もあるってことです。

カテゴリー: ネットワーク パーマリンク 拍手する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です