DD-WRTでVPN(PPTP)を使う方法

違う場所で自宅や事務所のIPアドレスでインターネットに接続しなければならないとき。
自宅や事務所のLAN内サーバーに接続しなければならないとき、VPNが便利。

PPTPは主にクライアントからの接続。
IPsecはLANのルーター同士で常時つなぐのに使われる。
PPTPはけっこうソフトウエア実装。IPsecはけっこうハードウェア実装。
ハードウェアのほうが速い。

DD-WRT

このDD-WRTルーターは192.168.1.1でこれ自体がPPPoEしていて
直接インターネットにつながっている想定。
グローバルIPアドレスは固定もしくはDDNSでドメインで名前解決出来るようにしている。

※DHCP範囲外で有ることが重要。
DHCP内だと最悪はDHCPで割り当てられたLAN内機器とIPアドレスが衝突して通信できない。

※さまざまなところにNATで1723/tcpを開けろと書いてあるけど、必要なかった。

これでAndroid,Win7から接続を確認しています。

カテゴリー: ネットワーク パーマリンク 拍手する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です