CPANの再設定方法

MacOSXには標準でmakeは入っていません。
XcodeToolsを入れて初めて使えるようになります。
(いやXcode入れないでごりごりと入れても良いですが・・・

で、makeの無い状態でCPANの設定をしてしまうと何をやってもCPAN経由でインストールできなくなります。(まぁやってしまったわけですが)
そこでmakeを準備した状態にして改めてCPANの設定をやる方法を

# perl -MCPAN -e shell

# cpan> o conf
# CPAN::Config options from /System/Library/Perl/5.8.6/CPAN/Config.pm:
#  commit [Commit changes to disk]
#  defaults [Reload defaults from disk]
# 
# CPANを起動して” o conf “で設定ファイル”Config.pm”のパスが解ります。
# カレントディレクトリを動いてもともとのファイルをリネームすればOK

コメントいただきました。ありがとうございます。
cpan>o conf init
で初期設定がクリアされるそうです。

再度CPANを起動すると設定が始まります。

Where is your make program? [/usr/bin/make]

ちゃんと上記のようにmakeへのPassが見えていればOK

カテゴリー: 未分類 パーマリンク 拍手する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です